3カ月で参入可能なL2接続型MVNOプラットフォームサービス

Filed Under (未分類) by admin on 05-02-2016

MVNO構築事業者のレンジャーシステムズは15日、「レイヤ2接続型MVNOプラットフォームサービス わくわくモビリティ」(以下、わくわくモビリティ)の提供を開始しました。3000万円程度の初期投資と、3カ月程度の期間でMVNO参入できるとしているのです。「わくわくモビリティ」は、ユーザー数に応じた月額課金方式を採用して、従来の10分の1程度の構築費用と、約3分の1のリードタイムでMVNO参入を可能にしたプラットフォームサービスです。MNOと直接接続に必要な設備はレンジャーシステムズが事業者ごとに占有で貸し出していて、接続回線帯域はMVNEから借用する仕組みです。本サービスを使ったSIM再販型モデルだけでなく、急増が見込まれるM2M市場向けに、より低コストで運用できるモデルも用意しているのです。プラットフォームは、コンテンツアプリとの連動や会員向けプレミアムサービスから、通信コストの削減やセキュリティの強化といった企業向けサービスまで、柔軟に対応した設計だということです。さらに会員管理、SIM開通・発送、カスタマーサポート、コンテンツサービス、動画配信などのサービス提供も計画しているということですから今後の展開に注目が集まります。

“スマホ充電 その大容量バッテリーは使用出来るか “

Filed Under (未分類) by admin on 29-01-2016

外にいる時、スマホ充電出来ないという痛い体験をしている人たちもきっと多くいらっしゃるはず。そんな時に便利なのが、いつでもスマホを充電できるモバイルバッテリーです。
小型軽量な3000mAhクラスというものもあり、現在では、 大型の10000mAhクラスのものまで販売されています。大型の製品は大容量10000mAh、容量が大きいことは、果たしていいことなのでしょうか。
スマホをフルに5回程度簡単に充電出来ると言うことになりますが。 しかし、回数の表示はiPhone 5sといった少し前のスマホを規準にして書かれている場合が多く、大容量化している現在のスマートフォンにおいて、データがそのままあてはまらないという場合がありますのでちょっと注意も必要です。
まず、私達はスマートフォンの内蔵バッテリーの容量を知ることが大事です。 iPhoneシリーズでは容量が実際には公開されていませんが、分解によりiPhone 6が1810mAhなどと言われています。 モバイルバッテリーの容量とを比較してください。

“スマートフォン LTE 回線 3G回線を理解する “

Filed Under (未分類) by admin on 25-01-2016

スマートフォンをご使用のみなさん、LTE 回線、3G回線、Wi-Fi、WiMAX・・・いろいろ名前がありますが、しっかりそれらを理解出来ていらっしゃるでしょうか。
LTE 回線とは、 NTTdocomoがXi(クロッシィ)の名称で初めて提供した、3.9Gにおける通信サービスのことです。
LongTermEvolutionがLTE 回線です。もともとあった3G通信サービスを更に高速化しものと捉えてください。 最高速度は下りで、各キャリア75Mbpsと言うことで、かなり早いことは早いです。しかし、実際にこのような速度が出るのって、ごく限られた環境のみということであり、せいぜい、都心部で利用している人たちは、20Mbpsという感じではないでしょうか。
LTE 回線が何か、それは携帯電話通信がより早くなったと捉えていればOKです。
3G回線って何かと言えば、私達が今まで携帯電話で使用していた回線です。音声回線であり、かつてFOMAが使用していた回線です。

ブログ主 はこんな人です

Filed Under (未分類) by admin on 20-01-2016

今日は。二回目の更新ですが、今回はとりあえず管理人の自己紹介から始めたいと思います。管理人ともどもUltra-sound Mobile worldをよろしくお願いします^^
ご近所の人からすすめられたことを契機に、こちらのサイトを作ろうと思いました。
趣味は買い物やインターネットなどなどです。このところは運動も始めたいと考えているところです。
皆様が楽しめるよう、頑張って更新していこうと思っております。もし、アップが滞るようになったらお叱りをよろしくお願いします^^

tag cloud