ドコモ、「AQUOS ZETA SH-04H」を6月10日発売

Filed Under (未分類) by admin on 18-07-2016

NTTドコモがスマートフォンの2016年夏モデル「AQUOS ZETA SH-04H」を6月10日に発売した。販売価格は一括で9万3960円(税込)、実質価格は、新規契約/機種変更/番号ポータビリティ(MNP)を問わず5万7024円。
最新のAQUOS ZETAは全体的に丸みを帯び、ディスプレイには縁がわずかにカーブしている2.5Dガラスを、側面にはメタルフレームを採用している。カラーはBlack、White、Greenの3色。
約2260万のアウトカメラは、従来モデルから引き続きリコーの画質認証プログラム「GR certified」を取得している。約0.4秒の高速起動と約0.02秒のハイスピードAFにも対応しており、よりスピーディーなピント合わせが可能になっている。編集機能として「花火」モードのほか、撮影した動画の中から好きなシーンをキャプチャーして静止画として保存することもできるようになった。インカメラは有効約500万画素、広角撮影も可能。シャープスマホの特徴でもある「エモパー」は「4.0」に進化した。毎日の歩数や体重の変化、睡眠の状態などの健康維持に役立つ情報を伝えてくれたり、Webサイトで検索したりできるようになった。

汗による水没も!

Filed Under (未分類) by admin on 15-07-2016

こんなことってあるんですね。ビックリです。スマホって水に弱いのは承知していますが、汗でも水没、ということがあるんだそうです。

実は夏ってスマホの修理が最も増える時期なんだそうです。その理由が海水浴、旅行、そしてアウトドアでの水没が原因とのこと。川辺でキャンプ中に水辺でスマホを落としてしまったり、テンションが上がって川や海についつい入ってしまったり・・。

あと、スマホで音楽を聴いていても、服のポケットに長時間入れていると汗でスマホの内部まで水分が入りこみ、基板が水没しているような状況になるんだとか。これは気を付けないといけませんよね~。ほかには、窓際にスマホを放置したことで炎天下にさらされ故障してしまうこともあるそうです。

なので、水がある場所へ行くときには防水できるビニール袋やケースを必ず準備する。洋服のポケットには入れっぱなしにしない、温度が温度が高くなる場所には置かない、などの注意が必要となってきます。解ってはいるんだけど、どれもついついやってしまいがちですよね^^気を付けましょうね。

ある記者さんは、「もしもの時のために、こまめにバックアップをとることも大切です」と書いていました。iPhoneもうるさいほどこれを言ってくるので^^私も今日、バックアップをとることにします^^

ドコモスマホ機能がすごいです

Filed Under (未分類) by admin on 11-07-2016

スマホもたくさんの機種があり、それぞれ特徴を作ろうと頑張っています。
今のスマホは、どれも機能がいいので似ているものばかりだと思います。
しかし、ドコモが新機能を追加したそうですよ。
それは、「スグ電」という機能です。
この機能は、スマホを振るだけで、タッチ操作をしなくても通話ができるというものとなっています。
また、発信や切断も操作なしで可能だというのですからすごい機能です。
もしも、緊急で連絡をしなくてはいけない場合、非常に助かる機能だと思います。
この機能を使用する場合、まずは電話番号を登録しておかなくてはいけないそうです。
日頃よくかけるような電話番号を登録しておくといいですよね。
特に、子供なんかは非常に便利な機能かもしれません。
何か用事があった時やトラブルの時は、すぐに連絡ができるので子供でも簡単に電話をかける事ができます。
お年寄りでも通話の方法が苦手なんて方にも活用ができそうです。
こういう機能がある事で助かる事はたくさんあると思います。
これからは操作なしで色々な事ができるようになるかもしれませんね。
すでに、スマホが言葉を認識するのが当たり前となってきているので、手軽な操作ができるようになる事でどんどん便利になります。

ソフトバンクが限定商品を発売

Filed Under (未分類) by admin on 09-07-2016

ソフトバンクがスマホを限定発売しました。
それは、Androidスマートフォン「Robin」です。
アメリカ製となっていて、数量限定1000台となっているので、欲しい方は急がないと購入ができない可能性もあります。
また、数量限定という事もあり、やっぱり価値のあるスマホだなと感じますね。
価格は3万9980円で、見た目もシンプルなデザインとなっていていいなと思ってしまいます。
ちょっと日本にはないようなデザインだなと思った所もありました。
動画は無理なのですが、クラウドストレージに自動バックアップする機能もつけられているそうです。
スマホと言えば、日本のものに注目しがちなのですが、こういった外国製のものを見ておくのもいいかもしれません。
画像もキレイで、バッテリーの容量は2680mAhだそうです。
今では、スマホも夏モデルがたくさんの登場をしていて、スマホを買い替えの検討をしている方もいると思います。
ちょっとこういったスマホも活用してみるといいかもしれません。
他の人と違うスマホを持ちたいなんて考えている方はいいかもしれませんね。
スマホも、今では同じようなものばかり見るので、このようなスマホを持っていれば目立ちそうです。

ファーウェイのスマホとスマートウォッチに興味津々

Filed Under (未分類) by admin on 08-07-2016

ファーウェイからSIMロックフリーのスマホ、「Huawei P9」「Huawei P9 lite」が発表されましたが、それと一緒に女性向けの高級スマートウォッチも発表されていますよね。「Huawei Watch Elegant & Jewel」という名前もかなり女性を意識したもの。残念ながら今はまだその画像を見てはいないんですが、後でサイトをチェックしたいと思っています。

スマホの方は6万円と3万円。スマートウォッチも2種類あり一つは6万円、もう一つは7万円ほどだそうです。スマホの方も実は興味を持っているんです。と言うのも、ライカとの共同で開発されたカメラが搭載されているんですよ。私でもその名前を知っているライカ。その技術がスマホのカメラに搭載されているということは、どれだけ美しい鮮やかな写真が撮れるんだろうかと。カメラユニットというものが2つあることで、「撮影した写真を合成することで、ディティールをしっかり表現しながらも鮮やかな写真が撮影できる」と説明されていました。

スマホってすでに完成形でこれ以上の進化は無いんじゃないの?と勝手に思っていたのですが、カメラやオーディオなどその細かな機能のところで、各メーカー、工夫を凝らして開発を進めているんですね~。

ソフトバンクのスマホで、サクサク快適スマホライフを! | Galaxy

スマートフォンで写真を撮るならアプリがオススメ??

Filed Under (未分類) by admin on 24-06-2016

写真を撮る時に、最近はスマートフォンを使う人が多いですよね。

画像も年々綺麗になっていますし、写真撮影後の加工やSNSへの公開も簡単にできるので、写真を撮る機会自体も増えているのではないでしょうか。

さて、スマートフォンで写真を撮る時には、何で写真を撮っていますか?

多くの人がスマホに元から入っているカメラアプリを使っていませんか?

でもそれ以外にもたくさんの素晴らしいカメラアプリがあります。実はそちらのほうがあなたには合っていることもありますので、ぜひどんなものがあるか試していただきたいです!

例えばManualというアプリ。iPhoneをプロ仕様に出来るアプリで、シャッタースピードやISO、フォーカスや露出などの項目が全て設定することができます。

基本的なヒストグラムヤフォトマップも搭載されていて、三分割のグリッドラインなども表示しできるので、構図もとりやすくなりそうです。

アプリ自体はUIがすっきりしているので、使い勝手が良さそうなアプリです。

これに似たアプリでAndroidですとCamera FV-5というアプリも細かな設定ができます。

アンドロイドで昔から人気のアプリですとCamera360というものもあります。

「ファニーステッカー」という顔認識をして自動的に表情やヒゲなどを入れてくれる機能や、フィルターも多く取り揃えられていて、面白い写真、ポップな写真を撮るのにもいいですね。

また自撮り機能が豊富で、お肌をキレイに見せてくれるなど、ソーシャルメディアにあげる人にはぴったりなアプリと言えそうです。

無料なのも嬉しいところ。

iPhoneで昔から人気なのはCamera+です。

インターフェースがすっきりしていて、様々なフィルターがセットされています。

様々なプリショットも搭載していて、いろいろな写真が撮れそうです。

実際使ってみないと、どのようなアプリかはわかりにくいと思います。

ぜひいろいろと試してお気に入りのアプリを見つけてくださいね。

スマホのGPS機能、今後警察が本人通知なく取得?

Filed Under (未分類) by admin on 22-06-2016

犯罪というものは今も昔もずっとあります。

できれば巻き込まれたくありませんし、家族も犯罪に関わって欲しくはありません。

それでも何か家族が被害に遭ってしまった場合など、迅速で適切な捜査というのを求めるのは当然のことです。

さて、スマホにはGPS機能というものがあります。よく刑事ドラマとかでもGPSでどこにいるのか、なんてシーンもああったりしますよね。

実際今の現場でももちろん使われているとは思いますが、個人情報の観点から、いろいろな制約はあったようです。

ただ咲くねん総務省が海底した、個人情報保護ガイドラインの影響で、裁判所の令状があれば、本人に通知なしで位置情報を取得できるようになったそうです。

これができれば、犯人がいち早く見つけられる確率は確かに上がりますよね。

ただし、この対象は今年の夏以降に発売されるAndroidの一部の端末だそうで、多くの利用者がいるiPhoneは対象外です。

キャリアが位置情報を取得できるという条件をiPhoneは満たしていないからだそうですよ。

こういった改正を続けていくことで、位置情報をすべての人が把握されてしまうのではないかと、懸念の声もあるようですが、せっかく利用できるものを利用しないというのも、さらなる犯罪につながるかもしれませんし、現状の状態であれば私は何の問題もないと思います。

もちろんこれから全国民の位置情報などを監視するというとんでもない状態になったら話は別ですが、おそらくそのようなことは常識的に考えてないとは思います。

このことで、犯罪が少しでも減ることを祈ります。

“ガラケーよりもMVNOの方がお得!? “

Filed Under (未分類) by admin on 19-06-2016

ガラケーよりもMVNOの方がお得!?MM総研は、大手キャリアとMVNOユーザの利用実態を調査し発表しました。月額利用料金では、ガラケーよりもMVNOの方が出費を抑えられていたという事実も発覚しました。MM総研は、ユーザ調査を基に、大手キャリアのフィーチャーフォン・スマホの利用者、MVNO SIMカードの月額利用料金、音声通話・データ通信サービスの利用実態について発表しました。端末料金を抜いた月額利用料金について見ると、キャリア契約の場合では、スマホユーザが6,283円だったのに対しガラケー利用者は3,260円と約半額であることがわかったのです。一方でMVNOの平均利用料金は音声通話対応で2,072円、音声通話非対応は1,522円と、ガラケー利用者の料金と比較しても約1/2から2/3程度の出費に抑えられています。「スマホはなんとなく高い」というイメージを持っている方はまだまだ多いですが、ランニングコストベースでの実態を見る限り、MVNOであれば現在の出費よりお得にスマホが持てることを示していると言えます。MVNOでは料金プランが細分化していますから、抑えようとしたら月々千円程度のものもあります。しかし現実的ではない利用方法になるので平均月額はもっと高くなるのですがそれでもガラケーの平均月額よりも低くなっているのです。
 

スマホと冷蔵庫の相性は?

Filed Under (未分類) by admin on 17-06-2016

一通り調べた結果、冷蔵庫で冷やすのはやめたほうが良いんじゃないかなと、ジュースではないのだし。[冷蔵庫=冷える冷やす]のイメージが強い人が多すぎです。冷えるからってスマホを入れていいわけはありません。冷蔵庫にいれてしまう理由。確かに冷蔵庫にスマホを入れれば簡単に冷やすことが可能です。発熱したスマホを冷蔵庫に10分も入れておけば程よく冷えますし、発熱のせいでカクカクしてしまっていた動作も解決するでしょう。しかし、すぐに冷えてくれる代わりに代償としてスマホ内部に 致命的なダメージ を受けることになるのです。防水なのになぜ冷蔵庫にいれてはダメなのか。最近のスマホには防水対策が施されています。少しくらい水に濡れても問題なく使用することができますし、水中に落としてしまってもすぐに回収すれば故障の原因になることもなく動作可能です。中には水道の水で洗うことができるスマホなども発売しているので防水対策はほぼ完璧といってもいいかもしれません。防水対策をしていると謳っていてもそれは外からくる水への対策であって内部に直接出来てしまう水蒸気や水滴の対策ではありません。 冷たいジュースをコップについで時間が少し経過するとコップの外側に水滴が付いてしまう、これが結露です。スマホを冷蔵庫に入れるとこれと同じことがスマホ内で起こってしまい、中の精密機械にダメージを負ってしまうのです。
ソフトバンクのスマホで、サクサク快適スマホライフを!気になる方はこちら

ソフトバンク、被災者に対する通信速度制限の撤廃期間を5月31日までに延長

Filed Under (未分類) by admin on 16-06-2016

ソフトバンクは27日、平成28年熊本地震の影響により被災したSoftBankとY!mobileブランドの携帯電話サービス利用者に対して、2016年5月31日まで通信速度制限を撤廃すると発表しました。同社ではこれまで、平成28年熊本地震の被災者に対し4月中のデータ通信の速度制限を解除するとしていましたが、5月中(5月31日まで)までに期間を拡大するものです。対象となるのは、平成28年熊本地震の影響により災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在するSoftBankおよびY!mobileブランドの携帯電話サービスの利用者です。申し込みなどは必要なく自動適用されます。対象端末はプリペイド式携帯電話を除くすべての端末ということです。ソフトバンク、避難所に「iPad mini」1,000台を貸し出し – 熊本地震。ソフトバンクは25日、平成28年熊本地震により熊本県内に設置された避難所600カ所に対し、「iPad mini 3」計1,000台を無償で貸し出すと発表しました。貸し出される端末は、すべて24日の午前中に熊本県庁に到着していて、各避難所に順次配備されていきます。避難所では、管理者が現地で必要な物資やサービスに関する情報を県庁や対策本部へ連絡し、物資輸送などを円滑に行うために活用される予定です。