「V20 PRO L-01J」のスペック

Filed Under (未分類) by admin on 14-09-2017

スマホを購入するときに搭載されているカメラで選ぶのであれば高性能カメラを搭載した「V20 PRO L-01J」も良いと思います。
このスマホのカメラは約1,620万画素と約820万画素のアウトカメラ、約510万画素のインカメラを搭載しており、アウトカメラはデュアルカメラになっていますので様々なアングルでの撮影が可能になっています。
また、手ぶれ補正やレーザーAFが付いていますので誰でも簡単に綺麗な写真や動画が撮影できると思います。
それと、高速CPUや4㎇RAMなどを搭載するハイスペック使用となっています。
他のスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約149ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約146gという持ち運びに便利なコンパクトサイズになります。
バッテリー容量は2,900mAhになっていますので長時間使用でも安心ですし、ディスプレイサイズは約5.2インチの大型ディスプレイですので迫力ある映像を楽しむことができるでしょう。
カラーバリエーションはシンプルなチタンだけになります。

auのタブレット端末「AQUOS PAD SHT22」の良さとは?

Filed Under (未分類) by admin on 04-09-2017

タブレット端末はスマートフォンと連携させることで便利な機能を使うことができますし、タブレット端末だけでも十分に楽しむことができます。
それに、タブレット端末は大画面で写真や動画などを見ることができますので、友達や家族などの大人数でも一緒に見て楽しむことができますね。
暇つぶしに雑誌や漫画を読むことができますし、主婦の方はスーパーのチラシやカタログなどを見ることができますので便利だと思います。
映画や音楽なども迫力満点で楽しめるから良いですね。
こうした良いことばかりのタブレット端末は数多くの種類が発売されていますが、その中の一つに「AQUOS PAD SHT22」というauのタブレット端末があります。
このauのタブレット端末は4,080mAhという大容量バッテリーが搭載されていますので色々なことを長時間楽しむことができますし、フル充電にかかる時間は約200分ですので充電切れになってもすぐフル充電できて便利ですね。
また、厚さが約9.9ミリという薄さですし、重さが約263gしかありませんので、女性でも片手で操作することができるでしょう。
このようなauのタブレット端末は約7インチの大型ディスプレイと高性能カメラを搭載していますので綺麗な写真を撮って大画面で楽しむことができます。

バーチャルリアリティを「LyStar」のVRゴーグルで楽しもう

Filed Under (未分類) by admin on 25-08-2017

バーチャルリアリティの人気はうなぎ登りで、色々な所で体験できるようになりました。
数年前では考えられないようなことですが、今ではVRゴーグルを購入して自宅で楽しんでいる人もいます。
驚くような世界を体験することができますので、体験した人は何回も使用して楽しみたくなると思います。
そうした魅力的なバーチャルリアリティを楽しめるのが「LyStar」のVRゴーグルです。
このVRゴーグルはスマートフォンの熱を効率よく分散できる理想的な放熱設計になっていますので、顔が熱くなることはありませんしスマートフォンに負担をかけることがありません。
また、焦点距離や瞳孔距離などを調節することができますし、柔らかいスポンジが付いていますので快適にバーチャルリアリティを楽しむことができるでしょう。
それと、4.5インチから6インチのスマートフォンに対応していますので多くの人は、このVRゴーグルを用意するだけですぐに体験することができますね。
それに、ゴム製のベルトが付いていますのでしっかりフィットしますし、再生ボタンや受話ボタンなどが付いていますので便利だと思います。
このようなVRゴーグルを使用してバーチャルリアリティを楽しんでみてはいかがでしょうか。

きっとあなたも間違ってる!USBメモリやSDカードなどの正しい使い方について考える

Filed Under (未分類) by admin on 23-08-2017

保存していたデータが消えることほど怖いことはないですよね。家で編集したファイルを職場でも編集したいときに大活躍のUSBメモリやSDカードです。しかし、USBメモリをなくしてしまったら?SDカードが読み取れなくなってしまったら?皆さんはちゃんと対策ができているでしょうか。そもそも,USBメモリやSDカード、HDDの違いはなんでしょうか。USBメモリとSDカードはフラッシュメモリ、外付けHDDは磁気ディスクと呼ばれていて、それぞれ別の構造で作られています。HDDに比べて容量が少なく、容量に対しての値段が高いのですが省電力で衝撃に強いといった特徴があります。「それでは持ち運びやすくてちょっと高いだけ?」となるのですが、欠点の方はもうちょい致命的なのがいくつかあります。SDカードは静電気に驚くほど弱いのです。SDカードが急に使えなくなる原因はほとんどがこれです。フラッシュメモリは書き込みや削除回数の上限が磁気ディスクよりかなり少ないです。書き込まなくても年数がたつと劣化して使えなくなるという欠点があります。
特に、冬に静電気対策せずにSDカードさわると一瞬で使えなくなります。また、書き込み回数の上限の話ですが、ヘビーユーザーが安物をつかえば半年ももたないこともあるレベルです。今ではかなり改善されているのですがそれでも低価格化が進んだ影響で安いUSBメモリを買うとやはり早めに寿命がきてしまうのです。

新世代のライカレンズを搭載した「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」

Filed Under (未分類) by admin on 15-08-2017

ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」を日本で発売することを発表しました。2017年2月に開催されたMobile World Congress 2017で発表済みのフラグシップスマートフォンで、「HUAWEI P9」の後継モデルとなります。今回は、P9では日本での発売が見送られた「Plus」もラインアップに加わりました。価格はP10が6万5800円(税別)、P10 Plusが7万2800円(税別)で、量販店やMVNO各社が取り扱ります。P10はIIJ、イオンモバイル、エキサイトモバイル、NTTコム(gooSimseller)、DMM mobile、BIGLOBE SIM、mineo、LINEモバイル、楽天モバイルで取り扱い、P10 PlusはIIJmio、イオンモバイル、エキサイトモバイル、DMM mobile、NifMo、楽天モバイルで取り扱うということです。カラーはP10がダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラックの4色。P10 Plusがグリーナリーとダズリングゴールドの2色です。P10のダズリングブルーとP10 Plusのグリーナリーは、色見本帳でおなじみのPANTONEが監修したカラーです。P10は5.1型フルHD(1080×1920ピクセル)、P10 Plusは5.5型2K(1440×2560ピクセル)のディスプレイを搭載しています。

スマホバッテリーから発火したスマホ

Filed Under (未分類) by admin on 12-08-2017

スマホバッテリーの発火事故がありましたよね。
そこからスマホのバッテリーも怖いものだと実感をするようになりました。
問題となったのがGalaxy Noteでしたね。
そのGalaxy Noteから新しい夏モデルが登場したようですよ。
今回限定モデルとして登場をしたのが「Galaxy Note Fan Edition」なのです。
Galaxy Note 7の部品を活用をしたようですよ。
前は発火問題がありましたが、色々問題を解消しながら良いものが作れているのかなと思いましたね。
発火トラブルがあった事でやっぱりGalaxy Noteは怖いなんてイメージもあると思います。
しかし、トラブルの原因などを解消した中で、このように部品を再利用して新しいモデルが登場したのはすごいものだなと思いました。
こういった使い方もあるんですね。
今回新しく限定モデルが登場した事で、トラブルが解消した事も分かったりするのかなと思いましたね。
やっぱりトラブルが起きてもGalaxyファンはいると思うので使用をしたい方もいたりするんでしょう。
スマホもトラブルなく使用ができるのが一番ですからね!
今は韓国だけの販売予定だそうなのでちょっと残念です。

スマホ充電に注意をしたい事がいっぱい

Filed Under (未分類) by admin on 16-07-2017

スマホの充電も日頃寝ている間にやっているなんて方もいたりしますよね。
その寝ている間にスマホ充電がバッテリーの寿命を短くさせているのを知っていますか?
結構日頃やっている事でスマホのバッテリーの寿命を短くしている可能性があります。
寝ている間に充電をする他にもあまりおすすめできないものがあります。
それは、革のスマホカバーです。
最近では、スマホを守るために手帳型のスマホカバーを使用しているような方もいますよね。
しかし、その充電があまりおすすめできなかったりするのです。
またバッテリーを0まで使用をするのもあまりよくないものです。
スマホのバッテリーにはどうしても寿命があったりしますよね。
なので、その充電をできるだけ長くもつようにするためにはこういった事を注意しておく必要がありそうです。
スマホも日頃こういった事を注意するだけで、バッテリーを長持ちさせることができますから気をつけてみてくださいね。
スマホを使用していればどうしても充電は必要となってしまいます。
しかし、その充電をちょっと気をつけてあげる事で、スマホを交換する時期なども長くさせることができるので注意をしてみてください。

パナソニック、初放送番組を通知する6チューナBDレコーダ「DMR-BRG2030」

Filed Under (未分類) by admin on 28-06-2017

パナソニックは、6チューナ搭載のBlu-ray Discレコーダ「DIGA DMR-BRG2030/BRG1030」を5月19日より発売します。価格はオープンプライスです。HDD 2TBモデル「DMR-BRG2030」は5月19日発売で店頭予想価格は85,000円前後、1TBモデル「 DMR-BRG1030」は6月16日発売で、75,000円前後となります。2016年発売の「DMR-BRG2020」の後継機で、家族の見たい番組が重なっても録り逃がしを防ぐ、「ファミリー向けDIGA」と位置づけており、新たに1TBモデルを追加したほか、「新番組おしらせ」機能を強化した「新番組/特番おしらせ」を搭載。新番組だけでなく、不定期の特番や映画などの初放送番組を通知し、ワンボタンで録画予約が行なえるようにしています。また、CDリッピングにも対応しているのです。地上/BS/110度CSデジタル6チューナを搭載。多くのチューナを搭載したことで、3人以上の家族でも録画重複を防ぐことができます。また、家庭内でスマートフォンなどから番組を視聴する「お部屋ジャンプリンク」、外出先から視聴する「外からどこでもスマホ視聴」に対応することで、家族が別々の場所で録画番組を楽しめるようにしているのです。

変更したもは良いものの・・

Filed Under (未分類) by admin on 27-06-2017

よくこんな話を知りあいの中から聞くことがあります。いつも通話時間が少なく、さらにLINEで用が足りるからほとんど電話をしなくなったと。。勿論、全く電話しないわけではなくて、用件をちょこっと話すだけなので、現在のドコモのプランを変更しようかな~と。

カケホーダイと、カケホーダイライトって、たしか1,000円の違いなんですが、それが一年、二年と経過していけばけっこうな出費ですよね。キャリア側としては、月単にで「たった1,000円なら」と考えるユーザーを想定してのこのようなプラン設定だとは思うのですが^^

でも、意を決して^^ドコモでプラン変更を行った翌月、何らかの重大要素ができてしまい、頻繁に電話で報告をしないといけなくなった、話し合いを持たないといけなくなり、結果的にもとのプランにしておいた方が安く済んだ、と。。これは切ない話しですよね。

なんか、世の中ってこんなもんだろうな~~って、思いましたね^^

浴室にはスタンド付きケース

Filed Under (未分類) by admin on 08-06-2017

入浴中に動画を楽しみたいなら、iPhoneを安定して立てておけるスタンド付きの簡易防水ケースが便利です。ダイソーの「立てて見れる防水ソフトケース」は横向き、キャンドゥの「防滴ケース」は縦向きで立てられます。立てて見れる防水ソフトケース(ダイソー)内側のサイズ:表示なし(iPhone 7 Plusが入らないことは筆者が確認)チャック:一重チャック備考:横向き
防滴ケース(キャンドゥ)内側のサイズ:80mm×135mm×15mmチャック:一重チャック備考:縦向き
どちらも厚手のポリ塩化ビニル製で、iPhone 7のホームボタンには反応しません。AssistiveTouch機能で代用するようにしましょう。またPlusサイズのiPhoneは入りません。ただし、素材が厚くても、スピーカーの音は問題なく聴こえます。動画を見るにも音楽を再生するにも実用レベルです。
チャックはどちらも一重です。ストラップ付きのケースのようにアウトドアでの使用を想定していないせいか、折り返しやベルクロでの厳重なチャックにはなっていないのです。使う前にはしっかり閉じていることを確認したほうがいいでしょう。
100均ショップで縦横両方のスタンド型ケースを購入できる点はうれしいです。ただし今回は1つで縦横両方で立てられるケースは見つけられませんでした。動画を見るときにiPhoneを横向きで立てられる横置き可能なダイソーの「立てて見れる防水ソフトケース」がおすすめです。