「Samsung Z3」のスペック

Filed Under (未分類) by admin on 31-01-2018

高性能カメラやCPUなどを搭載していて、ヨーロッパ諸国やインドネシア、ロシアなどでも販売されている世界各国で人気を集めているスマホが「Samsung Z3」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約70ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約137gといった薄型軽量コンパクトボディを採用しており、カラーバリエーションはホワイト、ゴールド、ブラックの3色が用意されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン410クアッドコア1.3GHzを搭載していてRAMが1GBになっており、ストレージは8GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチAMOLED液晶ディスプレを搭載しており、バッテリーは取り外し可能で安心な3,200mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは約800万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラが搭載されており、どちらのカメラにも暗い場所でも明るい写真が撮影できるF2.2の明るいレンズが付いています。
また、サブカメラには120度の広角レンズが備わっています。

「HTC M10」のスペック

Filed Under (未分類) by admin on 26-01-2018

高精細ディスプレイとクアルコムの最高峰CPUを搭載し、ハイレゾ再生に対応していてクリアで迫力あるサウンドを楽しめるハイスペックスマホが「HTC M10」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約161gという軽量コンパクトサイズを採用し、カラーバリエーションはゴールド、ブラック、シルバーの3色が用意されています。
ディスプレイは約5.2インチ高解像度2560×1440のSuper LCD5液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは急速充電に対応している3,000mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン820クアッドコア2.2GHzを搭載していてRAMはサクサクと快適に動く4GBになっています。
カメラは約1,200万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、どちらのカメラにも光学式手ぶれ補正機能やF1.8の明るいレンズなどが採用されています。
ストレージ容量は32GBと64GBがあり、どちらも2TBまで増やすことができます。

「Honor 6X」のスペック

Filed Under (未分類) by admin on 21-01-2018

美しくて思い通りに撮影できる高性能デュアルカメラを搭載し、ボディにメタル素材が使用されて高級感を演出しているスマホが「Honor 6X」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約150ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約162gになっており、カラーバリエーションはグレー、シルバー、ローズゴールド、ブルーの4色が用意されています。
ディスプレイは約5.5インチ高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電に対応している3,340mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはHisilicon Kirinオタクコアを搭載しており、RAMは快適なパフォーマンスを出す4GBになっています。
カメラは背面に約1,200万画素と約200万画素のデュアルカメラ、前面には約800万画素が搭載されており、パノラマモードやタッチフォーカス、LEDフラッシュや像面位相差オートフォーカスなどが付いています。
セキュリティ対策として素早くロック解除できる便利で安心な指紋認証センサーが背面に付いています。スマホ バッテリー

ソフトバンク、「Xperia XZ1」を11月中旬発売~NetflixのHDR再生に対応

Filed Under (未分類) by admin on 14-01-2018

ソフトバンクは、ソニーモバイル製のAndroidスマートフォン「Xperia XZ1」を11月中旬に発売しました。10月20日から購入予約の受付を開始しての発売となったのです。価格は9万3120円(税込、以下同)です。新規・機種変更の場合、月月割は総額4万800円(2000円×24回または1000円×48回)で、実質負担額は4万5120円となります。MNPの場合、月月割は総額7万6800円(3200円×24回または1600円×48回)で、実質負担額は1万6320円。なお、「半額サポート for Android」の対象機種となっています。「Xperia XZ1」は、夏モデルのXperia XZsの後継モデルとなるAndroidスマートフォンで、OSはAndroid 8.0 Oreoを搭載します。5.2インチのフルHDディスプレイは、新たにHDRコンテンツの再生をサポートしています。NetflixやAmazon プライム・ビデオなどのHDRコンテンツに対応します。
http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-battery/

ワイモバイル、「HUAWEI nova lite for Y!mobile」を発売

Filed Under (未分類) by admin on 28-12-2017

ソフトバンク、ウィルコム沖縄は、Y!mobile(ワイモバイル)ブランドにて、ファーウェイ製のAndroidスマートフォン「HUAWEI nova lite for Y!mobile」を10月12日に発売しました。価格は2万5920円(税込、以下同)です。分割購入の場合は頭金540円と1080円×24回となり、実質負担額は新規契約・MNPで540円、機種変更で1万4460円となります。ファーウェイがSIMロックフリー市場で販売している「HUAWEI nova lite」と同等のハードウェアを備えています。ワイモバイルのメールアプリなどがプリインストールされているほか、ワイモバイルが提供する保証サービスに加入できるといった違いがあります。また、出荷時からSIMロックフリーの状態で提供されます。5.2インチのフルHDディスプレイを装備し、CPUはHiSilicon製の「Kirin 655」(2.1GHz+1.7GHzのオクタコア)で、メモリは3GBとなっています。ストレージは16GBで、最大128GBのmicroSDXCをサポートします。
スマホの充電トラブルを回避しよう! | ヒント | Discover

Android 8.0搭載、カメラ機能を強化した「Xperia XZ1」がauから登場

Filed Under (未分類) by admin on 21-12-2017

KDDIが、11月中旬にソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia XZ1 SOV36」を発売しました。Xperia XZ1は、Xperia XZ/XZsのデザインや機能をベースに、カメラやオーディオ機能をブラッシュアップさせたモデルで、ボディーカラーはブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンクです。一括価格は9万720円(税込、以下同)で、毎月割は月額1890円適用されます。これの24回分を引いた実質価格は4万5360円。価格は新規契約、機種変更、MNPいずれも同額となっています。5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)液晶はHDRに対応し、「Amazonプライムビデオ」や「Netflix」のHDR対応動画コンテンツを視聴できます。メタルボディーの本体は、背面から側面にかけて継ぎ目のないデザインを実現。IP65/68の防水・防塵(じん)性能も確保しているということです。カメラはソニーのメモリ積層型CMOSセンサー(Exmor RS for mobile)を用いた「Motion Eyeカメラシステム」を継承しています。
http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-memory/

動画撮影&オーディオ好き必見! 18対9の縦長スマホ「LG V30」

Filed Under (未分類) by admin on 15-12-2017

LGはIFA 2017会期前日の8月30日に新製品発表会を開催し、フラグシップモデル「LG V30」を発表しました。明るいレンズの搭載によりカメラ機能を大きく強化。オーディオ性能にも優れ、新しいユーザーインターフェース「Floating Bar」も搭載しています。LGのフラグシップモデルは毎年春に発表される「LG Gシリーズ」と、秋に発表される「LG Vシリーズ」の2つのラインナップが存在します。IFA 2017に合わせて発表されたV30は、Vシリーズとして3世代目となるモデルです。Gシリーズが新しい機能やテクノロジーを積極的に採用する先駆者的なモデルであるのに対し、Vシリーズはハイスペックかつ使いやすい機能を搭載した製品。V30も過去のVシリーズにはない新しい機能が加わっています。V30はCPUにSnapdragon 835を搭載。メモリーは4GB、ストレージは64GBと、ハイスペックモデルと言える構成。派生モデルとしてストレージ容量が128GBの「V30+」も登場します。

本当に奇妙な未来とは

Filed Under (未分類) by admin on 12-11-2017

脳内でのコンピュータの構築が現実のものとなると信じている人は多く、これはスマートフォンから始まった進化が最終的に行き着く所でもあるということです。スマートフォンが情報へのアクセスを可能にし、ARが必要な情報を目の前に提示し、脳内のコンピュータが情報とのギャップを埋めることになります。人間と機械の融合というのは、恐ろしさを感じさせるアイディアです。サイエンス作家や科学技術者、哲学者は「そもそも人間とは一体何なのか」と疑問を持つでしょう。このアイディアはまだ非常に新しいので、それが実現した世界がどのようなものなのか、誰もよく分かっていません。スマートフォンが消滅するとしたら、それは単に1つの時代でなく、いくつもの時代の終わりを意味するのです。デバイスを持ち歩く時代は終わり、人間の体が直接デジタル情報の波長を受け止める時代の始まりであるといえるでしょう。とはいってもスマートフォンは、知識や知恵へのアクセスを可能にし、我々にもともと備わっている能力をはるかに超えるスーパーパワーを与えてくれるものだと、多くの科学技術者が指摘しています。
galaxymobile.jp

動画撮影&オーディオ好き必見! 18対9の縦長スマホ「LG V30」

Filed Under (未分類) by admin on 05-11-2017

LGはIFA 2017会期前日の8月30日に新製品発表会を開催し、フラグシップモデル「LG V30」を発表しました。明るいレンズの搭載によりカメラ機能を大きく強化。オーディオ性能にも優れ、新しいユーザーインターフェース「Floating Bar」も搭載しています。LGのフラグシップモデルは毎年春に発表される「LG Gシリーズ」と、秋に発表される「LG Vシリーズ」の2つのラインナップが存在します。IFA 2017に合わせて発表されたV30は、Vシリーズとして3世代目となるモデルです。Gシリーズが新しい機能やテクノロジーを積極的に採用する先駆者的なモデルであるのに対し、Vシリーズはハイスペックかつ使いやすい機能を搭載した製品。V30も過去のVシリーズにはない新しい機能が加わっています。V30はCPUにSnapdragon 835を搭載。メモリーは4GB、ストレージは64GBと、ハイスペックモデルと言える構成。派生モデルとしてストレージ容量が128GBの「V30+」も登場します。

Phone Xという名前

Filed Under (未分類) by admin on 29-10-2017

プレミアムモデルは「iPhone 8」「iPhone X」「iPhone Edition」「iPhone Pro」などさまざまな名称がウワサされていましたが、発表された製品名は「iPhone X」でした。Xの読みは「テン」です。ディスプレイには5.8型、1125×2436ピクセルの有機ELを採用しています。Appleは「Super Retina Display」と呼んでいて、iPhoneにふさわしい品質に初めて到達した有機ELだということです。狭額縁設計によって、ベゼルのほとんどないデザインを実現しています。4つのコーナーはカーブしていて、持ちやすさにもこだわっているのです。Dolby VisionとHDR10コンテンツの再生に対応するほか、環境光によってホワイトバランスを自動調整する機能も備えています。ボディーはステンレススチールのフレームとガラスで構成され、IP67の防水・防塵(じん)にも対応しています。本体を置くだけで充電ができるワイヤレス充電(Qi規格)にも新たに対応しました。
スマホで良い音を聞くためには? | ヒント | Discover