セールス向上に役立てるのが狙い

Filed Under (未分類) by admin on 29-04-2017

日立製作所とみずほフィナンシャルグループがセールスの向上に役立つシステムの実証実験を行うことを発表したそうです。

これはAIの技術をつかったもので、みずほ銀行において今月の3日からスタートするんだそうです。日立が開発したウェアラブル端末・・名刺ほどの大きさのもの・・を使って営業スタッフの行動情報を集めるとのこと。営業スタッフの「パソコンの操作時間やメールの送受信回数、出退勤の時間、顧客への訪問回数」などをAIで分析。分析された情報から新規顧客獲得へとつなげる要素を見つけていくんだそうです。

これだけの細かい情報を集められれば、確かに他の銀行では見出せないような分析内容が出てくるかもしれませんが、このウェアラブル端末を持たされたスタッフはたまりませんよね^^一日中、自分の行動が丸分かりなんですからね。メールの送受信回数まで情報としてあげられる、というのもちょっと驚き^^セールス向上のため、新規顧客獲得のためなら・・仕方ないのでしょうか。。

スマホの初期化をしないためにも

Filed Under (未分類) by admin on 23-04-2017

スマホというのもいつ故障するのは分からないものです。
購入をして間もないのに故障をしてしまったなんて方もいたりしますよね。
そんな場合データをしっかりと残しておかなくてはいけない状態になります。
もしもスマホが故障した場合、スマホを修理すれば初期化をしなくてはいけない状態になってしまいます。
そうなれば、データをすべて消してしまった状態になってしまいます。
これはかなりショックが大きなものとなってしまいますよね。
スマホを初期化しないためにも、しっかりとデータを残しておくことが大切になります。
もしものアクシデントで、水没や画面が割れるなんて事だってありえることだと思います。
そうなった時に、大丈夫だと思えるような状態にしておきたいものです。
自動でバックアップをしてくれるようにしておくのもいいと思いますね。
きちんとデータを残しておけば、故障をした時に元に戻すことも可能になります。
しっかりとデータを残して、故障の時も動じないように日頃から注意してデータは残しておけるような状態にしておいてみてください!
iPhoneは結構そういったアクシデントがあった時に、バックアップをオンにしておけば勝手にバックアップをしてくれているのですごく安心ですよ。

スマホ充電が2週間文できちゃう

Filed Under (未分類) by admin on 04-04-2017

スマホの充電も今では困るような事が少なくなってきましたね。
その理由としては、モバイルバッテリーがたくさん出てくるようになったからです。
お手頃な価格で手に入れる入れることができるようになったからです。
また、モバイルバッテリーの容量だって良くなってきています。
そのため、充電が必要な方にとっては欠かせないものとなってきているのです。
モバイルバッテリーも容量が大きいと外出先で役に立つ事が多いのです。
そんな中で注目したいモバイルバッテリーがあります。
それはBrookstoneから販売される「Nectar」モバイルバッテリーなのです。
まだ日本では発売はされていないのですがこのモバイルバッテリーは2週間分のモバイルバッテリーが活用できるのです。
これだけ容量が大きいと何かあった時でも助かりそうですよね。
震災の時など、スマホの充電が必要な時すごく助かりそうだなと実感してしまいました。
まだ日本でも発売されるのかは分からない状態みたいなので、これはぜひ発売してもらいたいモバイルバッテリーだなと実感しました。
モバイルバッテリーは容量が大きければ大きいほど嬉しいものだなといった感じです。
スマホ電池を長持ちさせる方法 | Galaxy

あらゆるもので正確な測定が可能に 転がすだけで“空間を測る”ペン型デバイスが日本で発売

Filed Under (未分類) by admin on 04-03-2017

以前にクラウドファンディングサイトで登場し人気となった、スマートフォンと連動して空間を測るペン型デバイス「01(ゼロワン)」が日本で発売されました。ペン上部にあるローラーを転がすことで、普段は測りづらい曲面なども楽に計測できるデバイスとなっていて、その数値はスマートフォンに表示されます。接続はBluetoothで行い、計測データはそのまま共有したり、測ったものの写真と一緒に保存しておくことが可能となっています。専用アプリによってデータから面積や容積を算出するのも簡単です。また距離を測る際には上部にあるレーザーポインターが正確な位置を示してくれるので、0.1ミリ単位での測定が可能だとしています。さらにローラーの移動距離に応じて点滅する機能も備わっているので、一定間隔で印を付けるなどの作業にも使えるのが特徴です。上部のローラーだけでなく通常のボールペンとしても利用でき、ペンシル・スタイラスと3タイプから選んで使えます。ちなみにボディは高級感のあるアルミ削り出しです。価格は1万6000円(税別)で、「SoftBank SELECTION」と「二子玉川 蔦屋家電オンラインショップ」ですでに発売中です。今後Amazonでも販売が開始される予定となっています。

知らずにやってた・・

Filed Under (未分類) by admin on 14-02-2017

スマホのバッテリー問題は誰もが少なからず感じていることですよね。私は今はiPhoneユーザーなんですが、あるネット記事にiPhoneの充電をより早くする裏技みたいなものが載っていたんです。それはiPadの充電器を使ってiPhoneを充電すること。これ、何となくやっていたんですよね。同じAppleの製品なのでどっちを使ってもよかろうと勝手に判断して^^

そしたら、iPadの充電器を利用することで計算上は2倍も早く充電ができるようになるんですって。実はiPhoneに付属している充電器は「電圧5V電流1Aの5W出力という仕様は日本で最初に発売されたiPhone 3Gから全く変わっていない」とのこと。でも、iPhoneに内蔵されているバッテリーの容量は2~3倍にまで増加していると。なので、充電にかかる時間も長くなってしまってるんですよね。

iPhone自体は出力の高い充電器も使えるそう。AppleでもiPadの充電器が使えることを謳っているそうなんで、そのメリットを活かした方が良いですよ!ということなんですね。皆さんも是非^^

auスマホから思わず欲しくなるスマホが

Filed Under (未分類) by admin on 08-02-2017

auスマホからまた面白いものが登場するみたいです。
それは、新機種なのですが、3月の発売予定の「rafreKYV40」です。
「rafreKYV40」の特徴として、ハンドソープで洗えると嬉しいスマホなのです。
でも、このスマホハンドソープで洗えるだけではないようなのです。
それは、温水防水、泡ハンドソープで洗う事もできるようなのです。
スマホも防水のものはありますが、ここまでのものはなかなかないのではないでしょうか。
スマホが汚れてしまってどうしようと思った時でも、ハンドソープで簡単に洗うことができるのです。
カラーは3色あり、日頃料理でスマホを活用する方なんかはかなりいいスマホになっているのではないでしょうか。
料理の途中にスマホを触るのはちょっと止めておこうと思ってしまいますよね。
しかし、「rafreKYV40」だったら、濡れたり汚れたりしても、好きな時にハンドソープで洗えますから何も心配なくスマホを触ることができます。
スマホも日頃から触っているもので、トイレの何倍も雑菌がいるなんて事も言われています。
なので、洗えるスマホというのは主婦からしたらありがたいものですね。
スマホの充電トラブルを回避しよう!

世界初の4K液晶搭載スマートフォンXperia Z5 Premium

Filed Under (未分類) by admin on 25-01-2017

Xperia Z5 Premiumは、世界初の4K液晶搭載スマートフォンで、今回発表されたXperia Z5シリーズとして最上位に位置付けられたプレミアムモデルとなります。最大の特徴となるのが、4K表示に対応する5.5型液晶「4Kトリルミナスディスプレイ」を搭載する点です。画素ピッチは806ppiで、画素を肉眼で識別するのは不可能です。内蔵カメラで撮影した4K動画は、そのままの品質で再生でき、4K未満の解像度の動画は4Kにアップスケーリングして再生できます。microSDカードに保存した4Kカムコーダで撮影した4K動画も再生可能といいます。カメラ機能は、デジタル一眼カメラ「α」シリーズのエンジニアと協力し、ハード、ソフトともに大幅に強化されています。背面のメインカメラには、撮像素子として1/2.3型、有効画素数約2,300万画素の積層型CMOS「Exmor RS for mobile」を、f値2.0の「Gレンズ」を採用し、位相差方式とコントラスト方式の双方を利用したハイブリッドオートフォーカス機能で、オートフォーカス速度は約0.03秒と世界最速を実現しました。また、画素数と信号処理の向上により、5倍デジタルズームでも画質を損なわず撮影でき、暗所撮影や手ブレ補正の性能も向上しています。本体デザインは、従来のXperiaシリーズの「オムニバランスデザイン」を踏襲しつつ、Xperiaの個性を表現しながら、生活に溶け込み馴染むようなものを目指した新たなデザインになっています。
ウェアラブル | Gear

差別化を図るためにも

Filed Under (未分類) by admin on 12-01-2017

あるファッションブランドでは、この春にも新しい試みをスタートさせていく予定だそうです。その試みとはVRの導入。ネットニュースには、ただVRの導入とだけしか書かれていなかったのですが、きっとVR技術を使って試着ができるというものではないかと。

このブランドではカリスマ店員というスタッフがいて、「魅力的な接客でコーディネートを提案している。」とのこと。そうそう、コーディネート力があるスタッフの人に洋服選びを手伝ってもらうと、買い物が進むんですよね^^しかもすごく気分良く。似合うに合わないも私と同じ目線で共感するし、褒め方も上手い^^「商売だから当たり前!」と思い、それをスタッフさんにも「うまいですね~」なんて言うんですが、確かにコーディネートや商品の紹介も上手な人いるんですよ。

こんな人がネットショップでもいてくれて、しかもVRで試着できれば、ネットショップの売り上げも上がると思いますね。ファッションの世界もライバルが多いので、差別化を図るためにも早期の導入が吉となりそうです。

“ちょうど良い”機能が充実「arrows SV F-03H」

Filed Under (未分類) by admin on 01-01-2017

arrowsスマホといえば、画面の端部をスワイプする(なぞる)と呼び出せる「スライドイン機能」も忘れてはいけません。arrows SVにはハイスペックモデルと同様に「スライドインランチャー」「なぞってコピー」「キャプメモ」の3つのスライドイン機能を搭載しているのです。スライドインランチャーは、画面の端部をスワイプすると呼び出せるアプリランチャーです。1つのランチャーに最大で8つのアプリを設定できるようになっていて、最大で4つのランチャーを用意できます。なぞってコピーは、表示中の画面をなぞると、なぞった部分の文字列をコピーできる機能で、純粋な文字列だけではなく、画像・写真に含まれる文字もテキストに変換してコピーできるようになっています。Webサイトの店名や電話番号をメールで送りたいが、画像に含まれていて手打ちし直さないといけない……というシーンで非常に役に立ちそうです。キャプメモは、画面のスクリーンショット(キャプチャ画像)に、手書きの情報を書き加えて保存できる機能で、文字を直接書き込んだり蛍光ペンで強調したりすることで、メールやSNSでの情報共有がより便利にできます。何も書き込まずに保存すれば、電源キーとボリュームダウンキーの同時押しによるキャプチャ操作の代わりにもなるのです。ただし、スクリーンショットが禁止されているアプリ(ワンセグアプリ、一部の動画アプリなど)ではキャプメモを使うことはできません。 

スマホゲームの「三国志タクティクスデルタ」

Filed Under (未分類) by admin on 05-12-2016

スマホのゲームで可愛いと話題になっているのが「三国志タクティクスデルタ」というゲームです。
このスマホゲームの何が可愛いかというと武将たちのキャラクターです。
すごく可愛い武将のキャラクターが100人以上も登場してきますので癒される人もいるかもしれませんね。
また、三国志という舞台を感じさせないくらいの柔らかい雰囲気になっていますので、どなたでも気軽に楽しむことができるでしょう。
とは言っても本格的な作りになっていますので評価が高いです。
気になるゲーム性は、武将や建物などを駆使して敵陣を切り崩し、徐々に制覇していくストラテジーゲームになっています。
自軍を成長させるために武将を強くしたり装備を身につけたりします。
ですので、成長だけでも楽しむことができると思います。
それに、兵士を増やしたり新しい兵士を育成したりできます。
攻めているときは敵の配置を見てどこから攻めていくのかを決定して武将を配置し、あとは武将や兵士がオートで行動してくれますので見守ってあげるだけです。
そして、他のプレイヤーから攻められることもありますので守りのほうでも考えて配置しなければいけません。
その攻められているときのシーンを録画することができますので、そのシーンを見て対策を練ることができて面白いと思います。